計画を立てよう

チェックリスト

当日までにやること一覧

引越し日までを逆算して「いつまでにこれをやる」というチェックリストを製作しておくことによって、当日の負担がずっと減って楽になります。3ヶ月以上前にするべきことをリストアップすると、賃貸物件の解約手続きと不用品の処分です。賃貸アパートや賃貸マンションの場合はオーナーや管理会社に連絡をして早めに手続きを済ませる必要があります。また、書籍や洋服や使わない家電・家具など、いらないものはちょっとした時間を見つけてコツコツと処分しておくことです。荷物が少なくなればそれだけ引越しの負担が減るし、引越し費用の節約もできます。引越しをする2ヶ月前にチェックすべきことは、学校の転校届けやプロバイダの移設手続きなどです。親しい人への転居の知らせなども、この時期に済ませておきたいのでリストに入れておきます。そうした手続きのメドがついたら、当日荷物を運搬してくれる引越し会社を決めます。引越し会社は実にたくさんあるので、クチコミや評判をチェックしてから選ぶこと、見積りを依頼して決めることが大切です。そして引越しまで1ヶ月を切ったらチェックすべきリストは、郵便の転送サービスや転出届の提出、水道電気ガスの利用停止手続きなどです。特に役場での手続きに関しては開庁時間が限られているので、平日に時間を見つけてやれるときにやっておいたほうがいいです。賃貸物件の場合、引越しの当日にオーナー立ち合いのもとで受け渡しをします。お世話になったご近所さんや管理人への挨拶も忘れないようにしましょう。

Copyright© 2019 業者を利用するうえで大事な点はやるべきことを決めること All Rights Reserved.